HOME > ニュースの一覧 > 6人に奨学金交付

ニュースの詳細

2018.07.21

6人に奨学金交付

 福島民報教育福祉事業団は7月21日、福島市の民報ビルで奨学金交付式を行った。平成30年度に新たに「民報奨学生」に選ばれたのは大学生4人、短大生1人、専門学校生1人。矢森真人理事長が「福島のために役立ちたいという強い思いが選考委員会で評価された。勉強に励むとともにたくさんの友人をつくって充実した学生生活を送ってほしい」と述べ、6人に目録を手渡した。その後、奨学生選考委員を務めた4人が励ましの言葉を奨学生に送った。
 奨学生には履修年限の間、1人当たり年間20万円支給され、返済する必要はない。奨学生は今回の6人を含めると364人、支給総額は2億660万円に上る。